Dry Docks (Former Yokosuka Arsenal)

B. 汐入・横須賀中央・逸見
海軍
日本遺産

江戸から明治時代にかけて建造された横須賀製鉄所の3基のドックは、軍港横須賀の景観を特徴付ける艦艇修理用の石造ドライドックであり、日本遺産の構成施設の一つです。 これらのドックは、米海軍横須賀基地の中に残っており、今もなお現役で使われています。中でも1号ドックは、日本で最古の現存するドライドックで、小栗上野介やヴェルニーの尽力により1871(明治4)年に完成しました。 1号ドックから3号ドックまでの海に面した壁面は、対岸のヴェルニー公園から見ることができます。ドックの底までは、年に数回ある見学会で見ることができます。また、「ここはヨコスカ」(横須賀市観光情報HP)の日本遺産のページで各ドックの底からの風景をVR映像を見ることができます。 https://www.cocoyoko.net/special/nihonisanvr.html

横須賀への来訪をご検討されている皆さまへ
マスクの着用や手洗いの徹底など、「新しい生活様式」に基づく感染の予防を意識した行動をお願いいたします。

Information

横須賀市楠ケ浦町

JR横須賀駅から徒歩1分
京急線汐入駅から徒歩5分

通常非公開のためなし

通常非公開のためなし

ヴェルニー公園から 見ることができます

ヴェルニー公園から 見ることができます:ヴェルニー公園駐車場 もしくは、近隣にあり


https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/8120/bunkazai/nihonisan/bunkazaiitiran.html


046-822-8484 横須賀市生涯学習課

Going Next?

b01
b06
g01
g03